大阪京橋で出会った26歳薬剤師とやっちゃいました!ペアーズで出会えた件

今回は京橋に住む現役薬剤師さんと出会った時の体験談を紹介しますね。

1、最初の出会いはペアーズ
私はペアーズを2年ほど利用している大学生で、現在までに色んな人と出会ってきました。

最初の方はなかなか結果が出せていない時期もありましたが、使い方をマスターしていくとマッチングが増えメッセージも続くようになっていきました。

その中で薬剤師のAさんとマッチングしたんです。

2、ペアーズでのやり取り
個人プロフィールの職業欄には「薬剤師」と書かれていました。

私は薬学部に所属していましたので、話が弾みやすそうだなと確信しましたので、さっそく「いいね」を送ったんです。

そうするとマッチングに成功し、さっそくメッセージが始まりました。

私:マッチングありがとうございます。よろしくお願いします!
Aさん:Aです~。こちらこそよろしく^^薬学部なんだね!
私:そうなんですー!やっとテストが終わりました!Aさんは薬剤師さんなんですね^^
Aさん:おつかれ~!そうそう薬剤師^^ドラッグストアだけど笑
私:なんとか乗り切りました!明日もお仕事ですか~?
Aさん:さすが、やるじゃん^^そうそう!明日も!土日は休みなんだけどね!
私:ありがとうございます!なるほど!土日はどこか行くんですか?
Aさん:まあご飯行くか寝てることが多いかな!○○君は何してるの?
私:僕も同じ感じですよ!友達と遊びに行ったり、飲みに行ったりしてる!
Aさん:飲みに行くんだね!私も行くよ~~
私:そうなんですね!どんなお酒が好きなんですか??
Aさん:私は梅酒とか果実酒が好きかな~~
私:梅酒良いですよね!!僕も好きなんです笑ビールとかコークハイからの梅酒が多いですね笑
Aさん:何その組み合わせ笑 ビールは苦くて苦手だ笑
私:なるほど笑 よかったら今度一緒に飲みに行きませんか?
Aさん:ほおほお!いいねいいね!行こう!

薬剤師の話は最初だけ使うだけで、いつも通りお酒の話に持って行ってきっちりとデートの約束を取り付けることができました。

「飲みに行こう」というワードは比較的気軽に使えるともうのでよく使いますね。

3、デートの日はめっちゃ緊張
デートの約束をしたら、ラインをペアーズ内で交換しました。
だいたいラインを交換できればほぼ間違いなく会えます。

集合場所はAさんの家が近くと言うことなので京橋で集合しました。

ラインで電話があり、白のレース風の服にピンク色のスカートをはいてくる言っていたので、集合時間が近くなると必死にピンクのスカートを探しました。

集合前になるとやっぱり緊張してしまいます。

これはいつになっても変わりません笑

そんなこんなで合流します。

身長は160センチくらいでそこまで大きくはなく、胸もCかDの普通サイズ。

とりあえず、京橋の飲み屋さんへ向かいました。

飲み会が始まると薬学系の話でやはり盛り上がりました。

薬の名前当てゲームや、病名当てクイズなど薬学ならではの話題でお酒が進みます。

二次会の時間になり、私は思い切って「Aさんの家行ってみたい!」と言ってみるとあっさり「いいよ~!」の返事が。

ラッキーです。ホテル代が浮きました笑

4、家で本番
女性の家に行くのはなんだかワクワクしませんか?

その人の本性が分かるというか、生活感が伝わってくるというか、すごくテンション上がります。

家に行くとお酒を飲みながら横に並んで座ります。

もうここからは行くしかないですよね笑

最初は方に手を回したり、腰に手を回したりしながらだんだんと距離を詰めていきます。

そして、そのままほっぺたにキスをしたり髪を撫でたり。

ここまで来たらあとは余裕です。

キスをするとAさんのスイッチが入ったみたい。

胸を触りながら服を脱がし、愛撫をしていきます。
感度が非常によくエッチな声を出します。

パンティーを脱がすともう濡れ方が半端ない。

そのまま挿入。

ディープキスをしながらピストンをすると、すぐにAさんが昇天。

激しめの声を出してぴくぴく震えているのがたまらなくいやらしかったです。

そのまま正常位でフィニッシュ。

相手が薬剤師と言うだけでなんだか興奮するセックスでした。

pairs

私が使ったのはペアーズです。

コミュニティ機能があり、これを通して相手の趣味や好きなことが分かるので非常に便利です。

また、ペアーズなら定額でメッセージが送り放題なのも魅力ですね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です